美容コラム

美容コラム記事一覧

スキンケア化粧品を選ぶときに迷ったら、肌に刺激を与える

スキンケア化粧品を選ぶときに迷ったら、肌に刺激を与えるようなものができるだけ含まないということが選ぶことを優先しましょう。保存料のようなものは刺激が強いのでかゆみや赤みをもたらすことがあり、何が入っているのか、しっかり確認することが大切です。また、安いからといって安易に選ばず自分の肌にあったものを選びましょう。ヒアルロン酸は人間の体の中にも存在するたんぱく質と結合しやすい性質を持った「多糖類」と呼ばれているゲル状のものです。大変保湿力があるので、化粧品やサプリメントには、まずほとんどヒアルロン酸が使われています。年を重ねるにつれて減少する成分なので、できるだけ積極的にとっていきましょう。スキン...
続きはコチラ

美容成分がたくさん入っている化粧

美容成分がたくさん入っている化粧水や美容液などを使用することにより保水力をアップさせることに繋がります。スキンケアにはコラーゲンやヒアルロン酸、また、アミノ酸といった成分が含まれているコスメが最もいいんじゃないかなと思います。血流を改善することも併せて忘れてはいけないことですので、ストレッチ、半身浴はもちろん、さらにウォーキングも行い、血液の流れそのものを治すようにしましょう。肌の状態をみながら日々のスキンケアの方法は使い分けることが大切です。肌の状態は毎日変わっていくのに同じやり方で、お肌をお手入れすればそれで大丈夫というわけではありません。乾燥していると思ったらたっぷりとうるおいを与えたり...
続きはコチラ

かさつく肌の場合、肌の手入れが非常に大切にな

かさつく肌の場合、肌の手入れが非常に大切になります。間違った肌の手入れは症状を悪くさせるので正しいやり方を理解しておきましょう。最初に、洗いすぎは禁物です。皮膚のてかりが気になるからといって1日に何度も何度も洗顔してしまうと肌がかさかさしてしまいます。逆に皮脂の分泌物の量が多くなってしますので、朝と夜の2回で足ります。洗顔の後の化粧水や乳液には、つける順番があります。ちゃんとした順番で使わないと、なんとスキンケアの効果はほとんど得られません。洗顔をしてから、真っ先につけなくてはいけないのは化粧水で肌の補水を行います。スキンケアの際に美容液を使うタイミングは化粧水の後です。最後に乳液、クリームと...
続きはコチラ

潤いがなくなると肌荒れしやすくなるので、用

潤いがなくなると肌荒れしやすくなるので、用心してください。では、水分量を高めるためには、どんな肌のお手入れを行うのが良いのでしょうか?保水、保湿に効果的な肌のお手入れは、血流を促進する、美容成分をたくさん含んだ化粧品を使用する、洗顔方法に注意するという3点です。スキンケアで特別考えておかないといけないことが洗うと言った作業です。きちんとメイクを落とすことで肌の状態を清潔に保たないと肌が荒れる原因になってしまいます。しかし、汚れしっかりと落とすことにこだわりすぎると、本来必要な分の皮脂を取りのぞいてしまって、肌荒れの原因になってしまいます。また、洗顔はやり方といったものがあり、肌にとって一番いい...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る